Foster peaple who create japan of 2050

ENTRY今すぐ応募する

WATの強み・人材活用

WATの4つの強み

技術者、クライアント企業、そして私たちが「三位一体」となる良好な関係を築くために私たちは以下のような取り組みから大きく4つの強みを持っています。

WATの強み

  • 強み01

    大手ゼネコン・サブコンを中心に取引先の85%が上場クラスの企業

    私たちにできることは「チャンス」をつくり出すことです。
    具体的にいえば、それはキャリアステップとなる「ステージ」を用意すること。
    ご存知のとおり、建設業界は元請けであるゼネコンから何層にもなる下請けまでのピラミッド構造。より上流の仕事を、豊富な案件から キャリアにあわせた「ステージ」で用意することができます。
    現在、取引先企業の実に85%が上場企業です。
    より上流の「ステージ」を用意することが私たちには出来ます。

    ワット・コンサルティングの強み1-大手ゼネコン・サブコンを中心に取引先の85%が上場クラスの企業
  • 強み02

    「人間力×技術力」を育てるスクール制度

    新卒・第二新卒および異業種からのキャリアチェンジを考える若者を建設技術者に育成するための自社研修センター『ワット・スクール・オブ・エンジニアリング』を設立。短期間の研修に留まらず、技術者の育成に本気で取り組む私たちは、未経験や経験浅で入社の社員には2ヶ月の研修期間を設けて現場に送り出しています。

    ワット・コンサルティングの強み2-「人間力×技術力」を育てるスクール制度
  • 強み03

    技術者の雇用を守る

    2008年9月のリーマン・ブラザーズ経営破綻により、私たちの技術派遣業界も大きなダメージを受けました。待機社員の増加が一途を辿り、新規のお客様も激減。各技術派遣会社は、会社存続の危機的状況に陥りました。しかし、私たちは様々な策を講じて、一切リストラはせずに多くの技術者の雇用維持を実現しました。オフィスの統廃合や移転による販管費の削減、内勤社員の業務効率化による販管費の抑制などにより乗り切って参りました。
    逆境を社員一丸となって乗り越えてきたからこそ、社員の共通認識は「安心して働ける会社」。ワットは定着率抜群の、意識の高いプロ集団なのです。

    ワット・コンサルティングの強み3-技術者の雇用を守る
  • 強み04

    技術者のための
    キャリアデザイン

    「技術者の、技術者による、技術者のための会社」ワット・コンサルティングは、技術者にとって理想の環境を追求しようと技術者が立ち上げた会社です。いつでも一人ひとりの技術者にとって何が幸せかを考えます。
    育てた優秀な技術者を紹介予定派遣や転籍というカタチでクライアント各社に送り出すこともありますし、今後は技術者の育成・マネジメントに力を入れて生きたいという技術者を各クライアント各社から受け入れることもあります。一人ひとりの技術者が理想の環境で働けること。私たちは常に技術者とクライアント企業の「架け橋」でありたいと考えています。

    ワット・コンサルティングの強み4-技術者のためのキャリアデザイン

WATの人材活用

経験者・未経験者・女性・高齢者・海外人材、あらゆる「個」を活かせる企業であるために。それがワット・コンサルティングのスタンスです。
「個を活かせる企業」として、ひとりでも多く、建設業界で活躍できる技術者を送り出したい。それが建設業界、そして社会への貢献であると私たちは考えております。

取り組みが分かる社員構成比 2019年3月31日 現在

社員構成比率1 社員構成比率2